2019-10-08
カテゴリトップ>巨匠の描く美の世界
円山応挙筆 「旭松」 
木版画 (掛け軸)
画像をクリックすると拡大されます
作品名旭松(掛け軸)
作 者円山応挙 まるやまおうきょ
技 法木版画
摺師:板倉秀継
(14版28度摺)
寸 法軸寸:138×66cm 画寸:37×59cm
略年譜京都の伝統ある呉服商に生まれ、
1733 5月1日、丹波国穴太(あのう)村(京都府亀岡市)の
農家に丸山藤左衛門の次男として生まれる
1749 京都の石田幽汀に入門し狩野派の画法を
学ぶとともに、古画の模写をする
1759 眼鏡絵の制作に携わる
1765 「付立て」筆法を完成「雪松図」描く
1766 三井家や園城寺円満院の祐常門主の援助を受ける
この年より「応挙」を名乗る
1768 「平安人物志」画家の第二位に挙げられる
京都四条に移り住む
1776 圓光寺にて「雨竹風竹図」(重文)描く
1786 紀州無量寺の障壁画を手がける
「雪松図屏風」(国宝)描く
1795 「保津川図屏風」(重文)描く
京都にて7月17日他界


円山応挙筆 まるやまおうきょ 旭松 きょくしょう
木版画掛軸 限定150部摺立(証票付)

松樹に旭日という吉祥の図。写生を重視した応挙ならではの平明で情緒的な構図の中に、迎春の清々しい初日の出が老松の樹間から昇ってきます。


旭松

【巨匠の描く美の世界】
価格
157,500円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
ご注文後、仕上がり予定日をお知らせします
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く